• ホーム
  • 製品情報
  • 技術情報
  • 企業情報
  • 新着情報
  • 採用情報

HOME > プラスチック押出ライン

プラスチック押出ライン

押出材料に最適なヘッド、スクリューデザインを長年にわたり培ってきた技術と豊富な経験をもとに社内で設計加工し、 吐出量が安定したプラスチック押出機を提供します。
このプラスチック押出機中心に、サウジング水槽、外径測定器による外径制御などを行うことで、より精度の高いプラスチック押出製品を生産できます。
製品の形状に合わせて引取機、巻取機、束取機など様々なバリエイションのなかから製造ラインを構成できます。
また、ゴム押出機とプラスチック押出機を組合わせた製品を生産する製造ラインも、豊富な実績があります。
プラスチック押出ライン
  
灌漑(かんがい)用ドリップチューブ生産ライン
  

▲平形ドリップチューブ製造ライン
  
THE社の親会社であるJain Irrigationは世界的に最も大きな灌漑用ドリップ・チューブ生産会社の一つです。
THE社はそのドリッパーやラビリンス設計において、独自の開発を行っており、どんな特許にも抵触しない専用ドリップチューブの生産ライン設備を提供します。


    
製品詳細 
  
ゴム樹脂複合ホースライン
  

▲このラインで製造できる製品
  
ゴム押出機と樹脂押出機の両方を製作できる弊社の強みを生かし、ゴムと樹脂を同時に押出しするラインをご提案いたします。
合成ゴムとフッ素系樹脂を組み合わせたホースを生産するラインではマンドレル入りのライン、ゴムと樹脂を同時に押出しするライン等、様々なラインナップに対して多くの実績があります。
フッ素樹脂押出機は耐食性の優れた材料を採用しています。

    
製品詳細 
  
PFA薄肉チューブライン
  

▲このラインの主要部分
  
本設備は内径サイジング方式を採用したPFA薄肉チューブラインです。
内径サイジング方式と下向き押出しを採用した事で、偏肉を抑えた薄肉チューブの生産が可能です。また、長年の実績とノウハウからウェルドマークを低減し、良質な外観のチューブを生産できます。
押出機においても耐食性の優れた材料を採用しています。

    
製品詳細 
  
三層チューブライン
  

▲このラインの主要部分
  
自動車用燃料チューブ等で使用される多層チューブを生産するラインです。
内層は不透過性、耐薬品性、非粘着性等に優れたフッ素樹脂に対応し、外層は柔軟性、摩耗性、耐キンク性等に優れた熱可塑性エラストマーに対応しています。また、中間層を設けることで内層と外層の密着性向上のため接着用樹脂(フッ素樹脂系対応)も同時押出が可能です。
フッ素樹脂押出機は長年の経験により、耐食性に優れたシリンダー、スクリューを採用しています。
サイジング水槽においては、低真空はもちろんの事、-40kPaの高真空でも真空圧制御によりバラツキは±0.1kPa以下におさえられます。

    
製品詳細